江戸・東京 見どころMAP

江戸・東京 見どころMAP

武士の町、八丁堀を歩く

江戸散歩の第3回目は八丁堀の交差点からスタートです。
写真の正面に丸の内の高層ビルが見えますね。
そう、前回、京橋(かつての南伝馬町)から皇居(江戸城)に向かって歩いた「八重洲通り」を、皇居と反対側に歩くと「八丁堀」の交差点にぶつかります。
江戸城への登城に便利なこのあたりは、多くの大名や武士の屋敷が並んでいる場所でした。

八丁堀交差点から東京駅方面を望む。

八丁堀交差点から東京駅方面を望む。

なんといっても「八丁堀」といえば与力、同心の組屋敷が存在していたことで有名。時代劇では同心のことをよく「八丁堀の旦那」などと呼んでいますよね。

「亀島橋」。欄干がクラッシックなデザイン。

八丁堀交差点、東京駅と反対側には「亀島橋」がかかっています。橋の上から景色を見てみましょう。

亀島橋から隅田川本流方向を見る。

このような感じ。赤い橋の先には隅田川の本流が流れています。その向こうに大川端リバーシティの高層ビルが見えます。江戸城からこんな近いところに隅田川の支流が流れているのです。江戸がいかに「水上交通が発達していた町か」がよくわかります。

芭蕉の句碑など、ゆかりの人物の紹介も。

橋のたもとには、この近くに住んでいた著名人の紹介や、八丁堀で詠んだとされる松尾芭蕉の句碑も残されています

亀島川は今も現役で水上交通に使われている。

こちらは橋の反対側。人形町や水天宮の方面になります。船が何隻もつながれているのがわかります。川の通行は今も現役なのです。

さて江戸城に向かう八重洲通りに戻ってみましょう。

「久安橋」。現在は川でなくて首都高速道路をまたいでいる。

またまた橋。「久安橋」です。今は下を首都高速道路が走っており、川はなくなってしまったのですが、橋のほうは健在です。この橋、実は風月堂ともとてもゆかりの深い橋なのです。
江戸時代のこの橋の名は「越中橋」。松平「越中」守の屋敷に隣接していたことから、つけられた名前です。
そう、風月堂の名付け親でもある、松平定信公の屋敷がここにあったのです。

久安橋から松平家の屋敷があった方面を望む。

左側のビル群のあたりが松平定信公の屋敷が存在した場所です。さすがに広大!

クラッシックな街路灯が由緒ある町らしい八重洲通りを皇居方面へ戻って、

右側に青いシートが見えるあたりが京橋2丁目界隈。

美術館に沿って左に曲がれば、京橋・南伝馬町、そう風月堂発祥の地に戻ってきました。
定信公のお屋敷からは徒歩で10分とかかりません。

今回ご紹介した八丁堀、新川といったあたりはオフィスが多く派手な感じはありませんが、堀割や橋が多く存在していて、「水路の町」江戸の名残りを楽しむことができるスポットとしておすすめです。

最寄駅: 東京メトロ日比谷線「八丁堀」駅
JR「八丁堀」駅