ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第二六回 端午の節句のお話

第二六回 端午の節句のお話

 五月五日の端午の節句に、鎧兜を纏った人形や鯉のぼりを飾るスタイルが確立したのは江戸時代のことです。
もともとは古代中国で始まった厄除けの風習。旧暦の五月は新暦の六月にあたり、梅雨時で湿気も多いため、虫がわき伝染病も流行しやすかったので、の月(五月)の(始め)=端午に薬草を摘んで食べたり、殺菌作用のある菖蒲の酒をのんだり、厄除けの鐘馗絵を飾るようになりました。
これがやがて陽の数が重なる五月五日の行事として定着し、日本にも奈良時代に伝播して宮中行事になります。この時、菖蒲をはじめとする薬草をまとめて薬玉(開店祝いなどで使われる薬玉の原型)を作って飾るようになるなど日本独自のアレンジが進みました。
やがて江戸時代になると端午の節句はさらなる独自進化を遂げます。
まず、端午の節句のマストアイテム・菖蒲の音の響きが、勝負、尚武につながるとして武士の節句として広まりました。また、天下泰平になると武士たちは戦の時に必要な鎧兜や吹き流しを滅多に使わなくなります。梅雨時には湿気が多いので、メンテナンスのため五月晴れ(梅雨時に珍しい晴れ間)に外に出して虫干しの必要があり、これが端午の節句と結びついて行事飾りとして定着するのです。
これを見ていた庶民が「自分たちも端午の節句を祝いたい!」とマネをするようになり、武家飾りをそのままマネするのははばかられたため、吹き流しの代替として作りだしたのが鯉のぼりです。鯉は天に昇って龍になる出世の象徴。端午の節句は、こうして男子の健やかな成長を願う行事に生まれ変わったのでした。
ちなみに柏餅を食べるようになったのも江戸時代の事。男子のいる家が親戚縁者に配ったそうで、多い場合は数百個を用意したとか。発注を受けた風月堂のような御菓子屋は大忙しだったことでしょうね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数