ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第二五回 お汁粉と善哉

第二五回 お汁粉と善哉

 冬の鉄板スイーツ・お汁粉と善哉!関東では汁気があるものをお汁粉、無いもの(熱い餅に小豆をかけたもの)を善哉と呼び、関西では両方汁物で小豆の粒の無いものをお汁粉、あるものを善哉と呼んで区別しますよね。何故こんなに紛らわしい差があるのでしょうか。
お汁粉の原型は江戸時代初期の『料理物語』に出てくるすすりだんごとされています。その調理法は、もち米の粉とうるちの粉とを4対6の割合で混ぜて団子を作り、小豆で煮込んで塩味をつけ、砂糖をまぶしたもの。一見今と変わらない感じがしますが、当時はまだ砂糖が超貴重だった時代。砂糖はほんのわずかしか使われず、主な味付けは塩のみ。つまりもともとはかなりしょっぱい汁物で、酒肴として用いられる事が多かったようです。
甘い味付けになったのは砂糖の大量生産が可能になった江戸時代後期になってから。当時の風俗百科事典『守貞謾稿』には汁粉売りの項目が登場します。江戸では小豆の皮を取って安い砂糖、もしくは黒糖を加えて切り餅を煮たものが、一椀16文(およそ320円)ほどで売られ、その屋台店は通称「正月屋」と呼ばれたそう。この頃にはお正月ごろに食べるイメージも定着していたんですね。
一方、同書には京阪では小豆の皮を取らず、黒砂糖を加えて丸餅を煮たものを善哉と呼び、皮を取ったものを汁粉、または漉し餡の善哉と呼んだと書かれていました。善哉は室町時代ごろから関西の文献に登場。その語源は、出雲で神在月(他の地方の神無月)にふるまわれる神在餅が転じた説。また、一休さんが食べたときに美味しさのあまり「善哉(ぜんざい/よきかな)!」と仏教用語でほめたたえた説など諸説あります。江戸では京阪での善哉に相当する商品はつぶし餡、小豆が多いものは田舎汁粉と呼び、善哉の名を関した商品は幕末まで現れませんでした。
食文化の辿った歴史の東西差が、お汁粉と善哉の呼び分けの差に表れているんですね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書
『吉原はスゴイ~江戸文化を育んだ魅惑の遊郭』(PHP新書)

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数