ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第二一回 節分のお話

第二一回 節分のお話

 節分は季節を分けるという言葉の通り、立春、立夏、立秋、立冬の前日、つまり年に四回訪れます。江戸時代ごろから特に立春の前日の節分を重要視するようになりました。旧暦の節分は12月の下旬で大晦日に当ることもあり、一年の節目となる重要な年中行事だったんです。現在では2月3日なので、その本来の意味合いが分かりにくくなってしまいましたね。
 節分といえば豆まきですが、豆は魔滅まめ=魔を滅するという意味が込められていて江戸時代当時から必須アイテムでした。他にも「鬼は外、福は内」の掛け声や、鰯の頭を柊に刺した 柊鰯ひいらぎいわしなど現在もみられる基本的な習慣はおおむね当時も行われていたようです。
ただ行う場所によって更に+αのイベントが発生していました。
 例えば大奥では年男(豆をまく役の事)を御留守居役という高齢の男性役人が務めるのですが、終わった後に女中達に胴上げをされるという謎の儀式がありました。一見役得に思えますが、胴上げに参加した女中達は年男の着物を引っぱってもみくちゃにしたり、面白がって体を突っつきまわしたといいますから年男にとっては受難以外の何物でもなかったでしょう。日頃は男子禁制の大奥。男性が物珍しかったのか、はたまた単なるうっぷん晴らしだったのか(笑)。どちらにしろ大いに盛り上がるイベントだった事は確かです。
また、風月堂のような大店では年男が座敷に撒いた豆を年の数だけ拾って食べるべく、奉公人の老若男女が大騒ぎで競い合いました。それが落ち着くと、主人から福茶(参照、梅干し、黒豆を加えて煮たお茶)や蕎麦が振る舞われて皆で食事をしたんだとか。節分は一年の節目の日に職場の絆を深める大切なレクリエーションだったんですね。
旧暦の世界観では節分の翌日からが春になります。豆まきをして新たな気持ちで春を迎えましょう!

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数