ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第二十回 スイーツ将軍・徳川家茂

第二十回 スイーツ将軍・徳川家茂

14代将軍・徳川家茂は甘いものが大好きなスイーツ男子でした。彼に関する史料を見ていると様々なお菓子の名前が出てきて面白いんですよ。
例えば子供の頃に好きだったと伝わっているのは樽柿。渋柿を空いた酒樽で渋抜きして甘~くしたお菓子です。柔道の師匠の頭の匂いが (整髪料の匂いか?)「樽柿に似てる!」と言って会うたびに膝の上によじ登り、匂いを嗅ぎたがって甘えたそうです。
 また15歳の時に起こった桜田門外の変の際には、襲撃された大老・井伊直弼宛に見舞いの品として自分の好物である氷砂糖を送っています。実は直弼はこの時既に首を討たれて死亡していたのですが、将軍である家茂にはその事実は伏せられました。家茂が少年であることに配慮してか、直弼は急病でしばらく登城できないと伝えられていたのです。事実を知った時の家茂のショックを思うと・・・切ないですね。
 18歳で京都に上洛した時には妻である皇女・和宮からお菓子が差し入れられました。家茂が京都から江戸の和宮に送ったお礼の手紙には、毎日政務で忙しいけれど和宮からもらった見事な菓子が励みになっている、と書かれています。見事な菓子が何であったのかはわかりませんが、ひょっとして江戸で有数の高級菓子商だった風月堂のものもあったかも?!なんて想像してしまいます。
 21歳の時、長州征討の陣中である大坂城で体調を崩し、和宮から砂糖が、義理の母である天璋院篤姫から大小豆が見舞いに送られましたが、家茂はそれらが手元に届く前に亡くなってしまいました。
 幕末という激動の時代を将軍として生きた徳川家茂にとって、甘いお菓子を食べる事が唯一最大の癒しだったのかもしれませんね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)