ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十八回 江戸時代には和菓子が主役の日があった!

第十八回 江戸時代には和菓子が主役の日があった!天下泰平の江戸時代に発達したものにイベント文化があります。もともとは貴族や武士など特権階級が行っていた年中行事を庶民もマネするようになり、娯楽化してゆきました。
そのなかで面白いと思うのが和菓子を主役にしたイベントがある事。
例えば6月16日の嘉祥です。旧暦の6月は暑い夏の盛り。疫病が増える時期に厄払いとして行われていた年中行事なんですね。
その起源は室町時代ごろに京都で行われていた夏の納涼行事で、楊弓(弓を的に当てる遊び。現在のダーツゲーム)の勝負に負けた人が嘉定通宝16文を払って食べ物をおごったことだとか。宝の略称が嘉通でその音がに通じることから武家の間で喜ばれました。そんな理由で(笑)!
これが和菓子のイベントになるきっかけを作ったのが徳川家康。戦国時代、三方ヶ原の戦いで惨敗した家康が嘉定通宝16文を拾い、家臣が献上した和菓子を食べたことがきっかけで開運したことが吉例となり、江戸幕府の正式な年中行事になりました。6月16日に大名や旗本が総登城して将軍から饅頭、羊羹など16種類もの菓子を頂戴する習慣となったのです。都市部の庶民もこれにならい、江戸では16文で菓子を買って笑わずに食べるという具合でした。微笑ましいですね(笑)。
また、10月最初の亥の日は玄猪といって、この日に餅を食べると万病を払い、また猪が子沢山であることから子孫繁栄にもつながると信じられていました。これは平安時代から行われていた年中行事で、江戸時代には武家では紅白餅を、庶民は牡丹餅を食べる習慣が定着します。
この様な和菓子が主役の行事の際には当時京橋に店を構えていた風月堂にも沢山の人が訪れて大忙しだったことでしょうね。現代ではほとんど忘れ去られてしまったイベントですが、復活させたら面白いのになぁ~なんて妄想してしまいます。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)