ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十七回 江戸の食文化~その②~

第十七回 江戸の食文化~その②~日本橋から京橋までの800メートルあまりの道路は通り町筋と呼ばれたお江戸のメインストリートです。徳川家康が開発した商業・経済の中心地で、風月堂が江戸時代後期に店を構えた南伝馬町もこのエリア内にありました。
繁華街につきものなのが飲食店。実は通り町筋は「仕事の合間に素早く食事を済ませたい!」というニーズからファストフードの激戦でした。例えば呉服屋の白木屋脇の横丁、日本橋通一丁目新道には軽食店が集まるフードコートがあったんです。

中でも一番人気だったのが蕎麦屋の東橋庵。
浮世絵や戯作などにも数多く登場する当時の有名店です。蕎麦は江戸っ子のソウルフードともいえる存在で、成人男性は毎日のように外出先で蕎麦を食べました。〝二八蕎麦〟と呼ばれるように値段は2×8=16文(400円弱)と安価で、どんぶり一杯で完結する手軽さも魅力です。「安い、早い、うまい」の代表格はせっかちな江戸っ子にぴったりでした。

また脚気予防にも一役買っていたようです。
当時の食生活の中心は米。特に全国から年貢が集まる江戸では庶民でも精米した白米がたらふく食べられることが自慢でした。ただ精米した米からはビタミンB1が摂取できず、脚気が大流行していたのです。当時の人びとにはその理由が分からず、江戸に行くと罹る病=江戸患いと恐れられていました。しかしビタミンB1が豊富に含まれている蕎麦を食べると脚気に罹りにくいという事が体験的にわかり、蕎麦を食べることが習慣化していたんですね。
通一丁目新道には他にも寿司屋、天麩羅屋、鰻屋が軒を連ねていました。現在では高級店のイメージが強いですが、江戸時代には屋台飯の代表格でれっきとしたファストフードです。日本橋の袂には魚河岸があり、江戸湾、隅田川で取れた新鮮な魚介類が毎日大量に安価に仕入れることが可能だったんです。羨まし~!

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数