ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十五回 江戸時代のお弔い~〝かぼちゃ菊〟にちなんで~

江戸時代のお弔い~〝かぼちゃ菊〟にちなんで~ 先日、上野風月堂にて初のワークショップが開催されました!職人さんからレクチャーをいただきながらの和菓子作り体験や、私が担当した座学、パーラーでの会食を通じて、参加者の皆様は上野風月堂の味と歴史を堪能した御様子でしたよ~。

和菓子作り体験では〝かぼちゃ菊〟を作成。材料を木型に押し込んで形を作る落雁の御菓子です。〝かぼちゃ菊〟は現在、通常はお店で売られていませんが、風月堂の屋号の名づけ親である松平定信公ゆかりの品であることから、定信公の御命日にのみ特別に作られて〝かぼちゃ菊 大住喜右衛門〟という商品名で少量限定販売し、墓前にも献納されています。定信公の死から180年以上たってもお弔いを続けているなんて、スゴイ!

そこで今回は、江戸時代のお弔い文化についてちょっとお話してみたいと思います。人が亡くなった際に行う葬送儀礼の原型が出来上がったのが江戸時代でした。ただ、このころは現在のように葬儀社主導の画一的な決まり事があったわけではなく、身分や経済力、または故人の遺志によってさまざまなスタイルでお弔いが行われていたんです。

例えば『東海道四谷怪談』の作者として有名な四代目・鶴屋南北は「自分が死んだら枕元の箱を開けるように」と遺言。南北の死後、遺族が言われた通り箱を開けてみると南北が自分の葬式をプロデュースした台本『寂光門松後万歳』と、一周忌をプロデュースした台本『極楽のつらね』が入っていました。葬式と一周忌はこの内容に沿って行われ、弟子たちが赤前垂れをかけた団子屋の扮装で弔問客を出迎えてお茶菓子を配るなど、まるで芝居の1シーンのようだったといいます。

意外なくらい自由だった江戸時代のお弔い。形式や体裁にとらわれず、故人を偲ぶ思いが一番大切だと考えられていたんですね上野風月堂が定信公の墓前に〝かぼちゃ菊〟をお供えし続けているのも、きっとこういった思いが受け継がれてきたからこそなんだろうなぁ。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)