ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十四回 上野風月堂界隈の歴史②~上野広小路編~

上野風月堂界隈の歴史②~上野広小路編~ 現在の東京は建物だけ見ればビルばかり。とても歴史を感じられるような景観ではありませんが、道筋は案外江戸時代のまま残っていたりします。

上野広小路はそんな場所の一つ。現在上野風月堂が店を構えているあたりから西郷さんの銅像があるあたりまでがその範囲です。中央分離帯を挟んで左右に三車線づつある相当広い道路ですが、この道の形がほぼ江戸時代のまま!なんですね。江戸の市街地の60%を焼き尽くし、10万人以上の死者を出した明暦3年(1657年)の大火以降、幕府は災害に強い都市作りを目指しました。その一環で、人が多く集まる重要な場所の近くには火除け地となる広場=広小路が作られることになり、江戸一番の大寺院・寛永寺門前に造られたのが上野広小路だったのです。

多くの人が行き交う上野広小路沿いに商店が集まってにぎわう様子は第五回コラムに書いた通りですが、実は江戸で唯一戦場となったのもこの場所でした。

慶応4年(1868年)5月、新政府軍の統治を認めない旧幕臣らが彰義隊を結成。寛永寺に立てこもりました。これを受けて新政府軍が寛永寺を包囲。最前線となる上野広小路には西郷隆盛率いる薩摩軍が布陣します。雨の降る5月15日、朝7時頃から戦闘が開始され、広小路が戦場になりました。新政府軍は付近の料亭や商店を大砲などの砲撃拠点として利用し、本営を上野松坂屋店内に置いたのだとか。当時使っていた店の看板には銃弾の跡が生々しく残っているそうです。ヒェッ!

住人達はさぞ恐ろしい思いをしたことだろうなぁ・・・と思いきや案外ケロッとしていたらしく、中には握り飯を片手に見物に出かける人もいたとか。江戸っ子の野次馬根性恐るべし!戦闘はその日の夕方ごろに新政府軍の勝利で幕を閉じ、時代はいよいよ、江戸から明治へと移ってゆきました。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数