ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十二回 風月堂ゆかりのひとびと 其の③市河米庵

風月堂ゆかりのひとびと 其の③市河米庵白河楽翁公(松平定信)から風月堂の名前を賜ったことを喜んだ水野忠邦は、ある書家を招き巨大な布に「風月堂」と揮毫させ暖簾を作りました。風という字が旧字体の〝凮〟になっているのが特徴。その理由の詳細は、はっきりと分かっていませんが、和菓子の店の暖簾に〝虫〟の字が入るのを嫌ったという説があります。さりげない配慮に書家のこだわりとそこしれぬ手腕を感じますね。

書家の名は市河米庵。巻葵湖・貫名菘翁らとともに「幕末の三筆」に数えられている人です。米庵の父・寛斎は富山藩前田家の藩校教授を務める教養人で、特に詩人として名高く、江戸の詩風を一変させたとも言われる有名文化人でした。その子として英才教育を受けた米庵がハマったのが書道です。20歳で小山林堂という書塾を開くほどの実力を身に着け、25歳の時には中国の書を本格的に学ぶために長崎に留学。中国人から直接指導を受け、最新の明清の書画を蒐集しまくりました。また文房具集めも趣味で、お気に入りの筆218枝を選んで書譜2巻を編纂するほど愛情を注いでいます。ものすごいオタク気質だったんですね!

好きこそものの上手なれとはよく言ったもので、30代にはいって父の跡を継ぎ富山藩前田家につかえるようになると書の実力が広く知られるようになります。やがて加賀藩前田家に招聘され、江戸と金沢を往復して書の指導に当たる超売れっ子書家として全国にその名をとどろかせるようになりました。風月堂の暖簾に揮毫したのはちょうどこの頃です。

晩年まで精力的に活動した米庵の門人数は幕末には5000人を超え、門前に屋台が出たという逸話があるほど。著述業による功績も大きく、彼が著した手習いの本『墨場必携』は現在も書道家の座右の書として愛読されています。後世に大きな影響を与えた、江戸時代を代表する書家の一人でした。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数