ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第十一回 風月堂ゆかりのひとびと 其の②松平定信

風月堂ゆかりのひとびと 其の②松平定信松平定信は御三卿・田安宗武の三男として生まれました。8代将軍徳川吉宗の孫にあたり、将軍家(徳川宗家)に何かあった時に将軍継承権が回ってくる家柄です。つまり当時の将軍、10代将軍徳川家治の世子・家基に何かあった時には11代将軍の継承権が回ってくるというポジション。次期将軍のスペア最有力候補者だったわけです。彼自身もその立ち位置を相当意識していたらしく日頃から熱心に学問にはげんでいましたが、ある日突然白河藩松平家に養子に出されて将軍候補の圏外に追いやられてしまいました。

プライドを傷つけられた定信ですが、白河藩主に就任するとその政治指導者としての才能を開花させます。藩主に就任した当時は全国で90万人もの死者を出した天明の大飢饉の真っ只中でしたが、白河藩の領内から一人の死者も出なかったという伝説が残っているほどです。この手腕が買われて老中として幕政に積極的に関与するようになり、寛政の改革を主導しました。

定信がすごいのは、政治家として有能だっただけではなく文化方面にも造詣が深かったこと。16歳の時に『源氏物語』の夕顔にちなんで詠んだ 心あてに 見し夕顔の花ちりて たづねぞわぶる たそがれの宿 という歌が各方面で激賞され〝夕顔の少将〟といかにも貴公子然としたあだ名がついたというのは彼らしいエピソードです。幕府の老中となってからも、茶の湯などを通した大名同士の交流を積極的に行うなど文化方面に多大な影響をもたらしました。茶の湯に和菓子は無くてはならない存在。そこで風月堂が定信の御用菓子として重用されるようになっていったのです(詳しくは第参回コラム参照)。寛政の改革の立役者は和菓子の発展にも貢献していたんですね。上野風月堂では現在も定信から受けた御恩を大切に思い、命日には〝かぼちゃ菊〟という和菓子を墓前にお供えしています。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)