ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第九回 和菓子の歴史~小豆は肉の代用品だった?

和菓子の歴史~小豆は肉の代用品だった? 菓子はその字が現している通り、元々は果物のことを指していました。砂糖が普及するまでは、果物こそが甘味の代表格だったんですね。じゃあ一体どのようにして現在食べられているような和菓子が生まれたのでしょうか。ちょっと振り返ってみましょう。

 その歴史は奈良時代にまでさかのぼることができます。まず遣隋使、遣唐使が中国から唐菓子(米や豆などをこねたり揚げたりして加工したもの)を持ち帰りました。これが煎餅の原型だと考えられています。
その後、鎌倉時代末期には禅宗の僧が点心の文化を日本に持ち込みます。中国では肉詰めの饅頭の点心を食べていたわけですが、僧侶たちは肉食は禁忌。このため小豆を煮詰めて肉に見立て、甘葛(蔦の汁を煮詰めて作ったシロップ)で味付たものを代用したのです。これが饅頭の原型と言われています。また、点心の中には羹というスープもあり、羊肉が入ったものを羊羹といいました。こちらも日本では羊肉を小豆に置き換えて精進料理として受け入れられてゆきます。もうお分かりですね。これ後に羊羹に進化するわけです。このように肉の代替え品として小豆を使って作られた日本風点心が、茶の湯文化と結びついて茶菓子として発展しました。

さらに戦国時代にはポルトガル・スペインから、ビスケットや金平糖、キャンディなどの南蛮菓子が渡来し、菓子作りに砂糖や卵を使う工程が加えられるようになります。
この様に国境を越えた様々な食文化が日本で融合して生まれたのが和菓子なのです。天下泰平の世の中で菓子作りはますます盛んになって菓子と言えば人の手で作られた甘味を指すようになり、果物は水菓子と呼んで区別されてゆきます。江戸時代後期にさしかかるころには砂糖の大量生産が可能となり、現在の和菓子の形がほぼ出来上がりました。風月堂がお江戸日本橋で菓子屋として暖簾を上げたのは、まさにこの時期だったのです。

【出 典】長谷章久『平安時代の風俗』 河出書房 ⁄ 菓子研究会編『菓子の事典』三元社 ⁄ 中村孝也『和菓子の系譜』 淡交新社 ⁄ 西山松之助『たべもの日本史総覧』新人物往来社 ⁄ 川島英子『まんじゅう屋繁盛期』岩波書店 ⁄ 『古事類苑 飲食部』 吉川弘文館 ⁄ 『(新訂増補)故実叢書』明治図書 ⁄ 『骨董集』早稲田大学図書館所蔵

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)