ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第八回 大江戸なんでもランキング

大江戸なんでもランキング  江戸東京博物館に所蔵されている史料の『東都御菓子調進司』という江戸のお菓子屋さんの番付表のなかに風月堂の名前を発見!200軒以上ある名店の中で見事、西の小結の座に輝いていました。

 番付表というのは、元々は相撲や歌舞伎役者の序列を順番に書き付けた=ランキング化したもので、江戸時代後期にさしかかる宝暦年間(1751年~1763年)にはすでに紙に刷った形で発行されていました。現在の相撲番付はほぼ当時のスタイルを踏襲しています。やがて相撲や歌舞伎役者の番付表に見たてて、物事を東西にわけてランキング化する見立て番付が盛んにつくられるようになりました。風月堂の名前が載っていた『東都御菓子調進司』も、この見立て番付の一種です。また現在でも馴染のある、お金持ちのランキング=長者番付も江戸時代には既に存在し、人気を博していたんですよ。

『日々徳用倹約料理角力取組』という、節約おかずランキングもありました。東方の精進方(植物系を使ったおかず)と、西方の魚類方にわけられており、序列は精進方は大関=八はい豆腐(醤油味で煮た豆腐)、関脇=こぶあぶらげ(昆布と油揚げの煮物)、小結=きんぴらごぼう。魚類方は大関=めざしいわし、関脇=むき身切ぼし(貝のむき身と切干大根の煮物)、小結=芝エビ乾煎り。当時の庶民の食卓が目に浮かびますね。

他にも料理屋や名所旧跡、自然災害まで様々な見立て番付がつくられました。日本人のランキング好きは、実は江戸時代に始まっていたんですね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)