ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第七回 お菓子の売り方あれこれ

お菓子の売り方あれこれ  おやつという言葉は江戸時代後期に八つ時、(およそ二時過ぎから四時頃までの間)に、身分の上下に関係なくお菓子を食べるようになったことから生まれました。間食が日常の一部になっていたんですね。一体どのように売られていたのでしょうか。

 菓子の売り方には大きく分けて2通りあります。1つ目は通り沿いに一軒屋の店舗を構える形態。風月堂のような御用菓子屋や土産物になる土地の名物菓子などを提供する店に多く、店の中に調理場があり、調理から販売、保管までを店舗で行いました。営業者の住居も同所にあり、大規模な店なら住み込みの従業員もいます。このような店では、得意先に御用聞きに上がっての注文を受け付ける場合もありました。

また、中には注文を受けたものだけを製造する御用菓子屋も存在したようです。料金は盆暮の二回にまとめて徴収することが多かったようで、商家と顧客との信頼関係で商売が成り立っていたんですね。

 もう一つは繁華街などで仮設の店舗を出す床見世という形態。饅頭や煎餅などを提供する店に多かったようで、営業者の多くは長屋の住人です。人通りの多い場所で見世をだして不特定多数の通行人相手にお菓子を売るために、その場で簡単な調理をするなどデモンストレーションをしてアピールしました。移動しながら営業する床見世もあり、これをはこび床見世といいます。いわゆる屋台ですね。串団子や飴などもっとも安価で手軽なおやつを販売していました。屋台の菓子売りは、扮装や口上に趣向を凝らして人目を集めるのが特徴です。例えば唐人飴売りは異国人風のド派手な衣装を着て「唐のナァ唐人の寝言には“アンナンコンナン・・・チウシャカヨバ二、チンカラモ、チンカラモウソウチンカラモウソウ、かわようそこじゃいバァバァバァ”」と謎の口上を述べ、太鼓やチャルメラで拍子をとりながら踊って飴を売りました。こうなると大道芸人のような感じですね。賑やかで楽しそうです!

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』
『江戸はスゴイ~世界一幸せな人びとの浮世ぐらし~』PHP新書

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
TOKYO MX 『お江戸に恋して』
連載・・・サライ.jp (小学館) など多数