ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第六回 商家のファッション

 庶民の文化が開いた江戸時代。人々は職業や身分に応じた装いを楽しむようになりました。では風月堂のような商家は一体どんなファッションだったのでしょうか。

商家のファッション 江戸時代のファッションの特徴は、一目見ただけでその人の身分や立場が分かるようになっていたこと。例えば風月堂の近隣である日本橋に店を出していた呉服屋・白木屋では入店5年目までは店からの支給品の着物しか着用が認められず、8年目までは木綿しか着てはならない。9年目以降は冬の小袖や羽織に青梅藍縞の着用が認められ、太織りの無地の紋付を許されるのは12年目以降、黒紬紋付を許されるのは15年目以降。絹を身に着けられるのは18年目以降など細かく服装規定がありました。めんどうに思ってしまいますが、逆に言うと自己紹介をしなくても装いだけである程度の情報が相手に伝わるので、便利と言えば便利だったようです。

 大店の主人が好んだ装いは上田縞の着物でした。信州上田では戦国時代に真田昌幸・幸村親子が織物業を奨励したことがきっかけとなり、江戸時代中期には絹を使った高級品の上田縞が完成。富裕層に好まれるようになったのです。上田縞は高いだけでなく強い事も人気の秘訣。なにしろ大阪の陣で大活躍した真田親子にゆかりということで箔がつき、実際に「裏三代」といわれ裏地を三度取り替えるほど長持ちしたそう。裏地を三回もかえるということは、それだけ繰り返し使うという事。一枚の着物を大事に使ったんですね。

商家のファッション ちなみに庶民の着物に使用できる色彩は、幕府による奢侈禁止令のために藍色・茶色・鼠色を中心にした地味なものに限定されていました。しかしそこは発想の転換で、それぞれの色で100種類以上のグラデーションを駆使して俗に四十八茶百鼠と言われるカラーバリエーションを作り上げていったのです。制約のなかで知恵を絞ってファッションを楽しむ江戸人の心意気。うーん、カッコいい!

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)