ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第五回 風月堂、上野へ!

 上野風月堂が現在の場所に店を出したのは明治43年の事。土地の購入資金は1万円(現在でいうとおよそ10億円以上!)だったといいます。かなり思い切った投資ですよね。風月堂はいったい何故、上野に進出したのでしょうか?

 上野界隈の発展は江戸時代初期、幕府が上野の山内に寛永寺を作ったことに始まります。江戸城の丑寅(北東)の方角にあたるために鬼門守護の性格を持ち、後に徳川将軍家の菩提寺となると江戸の寺社の中でも別格の存在感を示すようになりました。元々桜の名所だったこともあり庶民の行楽地としても大人気に。山下に火事の時の火除地となる広場=広小路が作られると、沿道に沢山の商店が立ち並び繁華街として成長していったのです。
風月堂はいったい何故、上野に進出したのでしょうか?

 現在もこの広小路に面して店を構える松坂屋は、江戸時代中期に名古屋から進出した呉服の大店でした。尾張徳川家、加賀前田家といった名だたる大名家の御用を務め、寛永寺で用いる法衣を独占販売するなど手堅い商売で信頼されていました。ちなみに新撰組の副長・土方歳三も少年時代に松坂屋で丁稚奉公をしていたといわれているんですよ!上野界隈を土方が歩く姿を想像すると、なんだかワクワクしますね。また、歌川広重の『名所江戸百景』の版元もこの辺りにあり、文化の発信地としても重要な場所でした。

幕末に上野戦争で一時荒廃するも、明治に入って上野公園が整備され、その広大な敷地を使って様々な博覧会が開催されると再び脚光を浴びます。さらに明治17年には上野駅が開業して人口が倍以上に増え、町の雰囲気は一層活気にあふれてゆきました。
江戸時代初期からの長い歴史と豊かな文化をはぐくみつつ、明治維新後は時代の最先端を行っていたのが上野だったのです。老舗でありながら洋菓子作りのパイオニアとして好評を博していた風月堂とは、相性抜群の土地柄だったんですね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)