ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

ほーりーが行く!暖簾越し お江戸の風景

歴史に詳しいお江戸ルとして活躍中のほーりーこと、堀口茉純さんが、江戸から続く風月堂の時代にタイムスリップ。当時世の中ではどのようなことが起きていたのでしょうか?

第参回・風月堂界隈の人びと 其の①

日本橋の表通り沿いに店を持つのは、江戸時代の商人にとって一番の憧れであり一流の証。風月堂の前身である大坂屋は、二代目・喜右衛門の時に満を持して南伝馬町二丁目(現在の京橋二丁目のあたり)に出店します。
風月堂界隈の人びと

ご近所にも有名人が住んでいました。その筆頭にあげられるのが松平定信です。彼は南伝馬町とは目と鼻の先の八丁堀に上屋敷を構えていました。寛政の改革を主導した敏腕政治家として有名ですが、実は茶の湯を愛する文化人という一面も。茶菓子を調達するための優良店を探していたところで知遇を得たのが大坂屋でした。定信ほどの大人物に茶菓子を届けることになった喜右衛門はこれを最高の栄誉と考えました。注文が入ると沐浴して身を清めてから必ず自分の手で菓子を作り、細心の注意を払って屋敷まで届けに行ったといいます。この喜右衛門の誠実ぶりに心打たれた定信が自身の雅号である風月の文字を入れて送った言葉が「風月堂清白」。大坂屋の屋号が風月堂に変わるきっかけを作ったのは松平定信というわけですね。

すぐそばの京橋を渡った所には、マルチな才能を持った文化人・山東京伝が住んでいました。ペンネームの由来は江戸城紅葉山の東にあたる京橋に住んでいる伝蔵という意味。名前だけでなくその活動もユニークで浮世絵師・戯作者として活躍する一方で、紙製煙草入れをプロデュースして大ヒットさせました。芸術家集団である狩野派の拠点もこのエリアにありました。狩野派は、徳川将軍家の庇護の下、武家の正統絵画として江戸時代を通じて繁栄しましたが、その頂点に君臨していたのが日本橋の中橋狩野家だったのです。当時は狩野高信が宗家を継ぎ、多くの絵師を育成していました。
大名や武士、文化人に芸術家・・・日本橋の町人は勿論、そこに暮らす様々な感性を持った人々の中で愛されてきたのが風月堂の菓子だったんですね。

本文、イラスト: 堀口茉純 東京都足立区生まれ。幼少期より時代劇に親しむ。小学4年生の時、司馬遼太郎の本に出会い、沖田総司に初恋。中・高生の頃の成績は歴史のみ5。明治大学在学中に文学座付属演劇研究所で演技の勉強を始め、卒業後、女優として舞台やテレビドラマに多数出演。
一方2008年に江戸文化歴史検定一級を最年少で取得すると、「江戸に詳しすぎるタレント=お江戸ル(お江戸のアイドル)」として注目を集め、執筆、イベント、公演活動にも精力的に取り組む。また、facebook内最大のお江戸コミュニティ『お江戸、いいね!』でナビゲ―ターを務め、江戸⇔東京の魅力を発信し続けている。

【著 書】
『TOKUGAWA15~徳川将軍15人の歴史がDEEPにわかる本~』(草思社)
『UKIYOE17~江戸っ子を熱狂させたスター絵師たち~』(中経出版)
『EDO100;フカヨミ!広重『名所江戸百景』(小学館)
『SHINSENGUMI GRAFFITI 1834-1686~幕末を駆け抜けた近藤勇と仲間たち~』

【レギュラー】
NHKラジオ第一『DJ日本史』MC
BS-TBS『謎解き!江戸のススメ』内コーナー「ほーりーのお江戸AR記(歩き)」
連載・・・歴史街道(PHP研究所)
レギュラー出演イベント・・・UKIYOEナイト
(浅草アミューズミュージアムにて開催されている浮世絵イベントにて月一回講師)