上野風月堂の歴史

<昭和・戦前のおはなし><昭和・戦前のおはなし>

昭和モダンを取り入れ、時代を先取りしていく昭和モダンを取り入れ、時代を先取りしていく

増築をしたモダンな洋館の上野風月堂。

増築をしたモダンな洋館の上野風月堂。

1930年(昭和5年)には上野風月堂店舗の隣地にモダンな洋館を増築。1階は喫茶、2階を洋食レストランにし、文化人や著名人に愛される店として有名になっていきました。
80人以上の菓子職人を抱え、昼夜交代制での菓子作りに追われます。当時としては珍しい電話の交換手も雇うほどの繁盛ぶりでした。
大正2年には省三郎の長男、重雄が誕生、後継者にも恵まれて上野風月堂は積極的な事業展開を行っていきました。

昭和5年の日付が見られる省三郎のレシピノート。

昭和5年の日付が見られる省三郎のレシピノート。
現在の東京カステラの原型となった「6面焼きカステラ」の
火力がメモされている貴重なものです。

戦争の足音は上野風月堂にも戦争の足音は上野風月堂にも

昭和10年代を迎えると日本にも軍靴の足音が忍び寄ります。
重雄も1937年に招集を受けて出征、軍隊生活を送ることを余儀なくされました。
1941年には日本は太平洋戦争に突入。洋菓子の製造にも戦時統制がかかります。
都内の菓子・パン製造業の数は1940年に2万6500軒であったものが、1942年にはわずか1500軒までに減少しました。
おいしいお菓子を作りたくても原材料が手に入らない状況は、上野風月堂のみならず、日本中の菓子商が最も苦しかった時代と言えるでしょう。

戦前の上野風月堂の菓子工場の様子。当時として近代的なレンガ造りであった。

戦前の上野風月堂の菓子工場の様子。当時として近代的なレンガ造りでした。