上野風月堂の歴史

<明治・大正時代のおはなし><明治・大正時代のおはなし>

五代目大住喜右衛門、進取の才を発揮する五代目大住喜右衛門、進取の才を発揮する

明治中期の風月堂総本店(京橋南伝馬町)

明治中期の風月堂総本店(京橋南伝馬町)

幕末の動乱期を無事に乗り越え明治を迎えた風月堂は、四代目喜右衛門の代へと入ります。しかし、四代目は若くして亡くなり子供もいなかったため廃家となり、風月堂の家督は四代目の実弟である五代目喜右衛門が継ぐこととなりました。

初代喜右衛門から続く進取の気性は五代目にもしっかりと受け継がれていました。
すでに明治5年には喜右衛門は西洋菓子の製造を開始し、リキュール・ボンボンやビスケットを日本国内で製造販売しています。また五代目喜右衛門は、風月堂当主として初めて暖簾分けのシステムを導入しました。
その第1号は番頭であった米津松造であり、風月堂米津本店として日本橋両国若松町に店を出させました。
1877年(明治10年)に上野公園で開催された政府主催の「第1回国内勧業博覧会」には双方の店が出展し、鳳紋賞を受賞しています。
当時はまだチェーン店のシステムなどなかった時代ですが、「暖簾分け」というシステムで新しい市場を開拓していったのが五代目喜右衛門でした。

1882年には上野動物園が、翌年には鹿鳴館が開館するなど東京はまさに文明開化真っ只中。風月堂でもスウィートポテトやアイスクリームを販売しています。

「和洋菓子製法獨案内」

明治22年発行の「和洋菓子製法獨案内」。風月堂主人題字とあるのは当時の当主、五代目大住喜右衛門のことです。

五代目大住喜右衛門の息子、大住省三郎が「上野風月堂」を開店五代目大住喜右衛門の息子、大住省三郎が「上野風月堂」を開店

東京朝日新聞に掲載された風月堂一門の名前が連なった広告

1914年(大正3年)7月14日東京朝日新聞に掲載された風月堂一門の名前が連なった広告。風月堂総本店の隣に「上野広小路 大住省三郎」の名前があります。

五代目喜右衛門は自身の三番目の息子を後継が途絶えていた四代目喜右衛門の養子にいれ、兄の家を復興させます。この息子こそが上野風月堂を開店した大住省三郎です。
省三郎は兄六代目喜右衛門のもとで修行を積んだのち、1905年(明治38年)、「上野風月堂」を上野広小路に開きます。
また、このころ、風月堂は番頭である米津松造から、さらに暖簾分けをした店が増えていました。
そこで当時は暖簾分けをするときには必ず総本店に赴き、許状をいただくことが必要とされ、年始には一問が南伝馬町に集まり新しい暖簾を総本店から与えられることが習わしであったそうです。

東京の一大繁華街、上野に店を構える東京の一大繁華街、上野に店を構える

維新時は戦さに巻き込まれた上野界隈ですが、もともと徳川家の菩提寺寛永寺や不忍の池などがある江戸の名所でもありました。
大住省三郎が店を構えた上野広小路(現在の上野風月堂本社のある場所)は今と変わらぬ大通りがあり、当時から老舗が軒を連ねるメインストリート。
また明治になると上野公園の開園、博物館や動物園の開館、上野駅の開業など大イベントが目白押しであり、東京の一大繁華街として賑わっていました。
ときはあたかも日露戦争の真っ只中。逆風の中での開店でしたが、省三郎は総本店からの強い後押しを受けて今日の上野風月堂の礎を築いていきます。

開店当時の上野風月堂の店舗。扇の暖簾が見える。

開店当時の上野風月堂の店舗。扇の暖簾が見えます。

江戸時代から続く老舗の評判は瞬く間に上野界隈にも広がり、上野風月堂には毎日のように大口のお菓子の注文があり、写真のように配達の箱車が店頭に列をなしました。
しかしその評判の上にあぐらをかくことなく、省三郎はカステーラ、ワッフル、シュークリームなど次々と新しい商品を売り出していきます。
その品揃えとモダンな味が下谷・浅草地区に住む文化人に好まれたのです。

関東大震災後、わずか3ヶ月で店舗を再建関東大震災後、わずか3ヶ月で店舗を再建

関東大震災からわずか3ヶ月後に再建された上野風月堂。

関東大震災からわずか3ヶ月後に再建された上野風月堂。
後ろの煙突は工場のものです。

順調に商売を軌道に乗せていた省三郎ですが、1923年(大正12年)9月1日、マグニチュード7.9の地震が関東地方を襲います。関東大震災です。
上野風月堂のあった下谷区の被害世帯率は8割を超え、上野風月堂の店舗も焼失してしました。
しかし省三郎は決してくじけず、なんと震災から3ヶ月後には営業を再開するのです。しかも店の裏手には工場の新築まで果たします。
何もかもが焼けてしまった厳しい環境の中で、他の資本を入れずに自己の力で再建した省三郎の判断力、決断力が今日の上野風月堂の礎になったといっても過言ではありません。