上野風月堂の商品小話

<ゴーフル誕生秘話><ゴーフル誕生秘話>

ゴーフル誕生秘話 誕生に立ち会った職人の話ゴーフル誕生秘話 誕生に立ち会った職人の話

昭和のはじめには、風月堂を代表する菓子「ゴーフル」が誕生しました。
このゴーフルの誕生に立ち会った上野風月堂 市村文兵衛工場長(故人)が、社史作成の為に綴った手記があります。当時の詳しい様子が記されていますので、一部を抜粋しゴーフル誕生秘話としてご紹介したいと思います。

市村文兵衛氏の手記

市村文兵衛氏直筆の手記。

市村氏は昭和4年、南鍋町の風月堂に入店し、修行を積んだのち上野風月堂へと移った人物です。氏は入店当時の模様を以下のように回想しています。

「昭和4年の入店当時、南鍋町風月堂の和菓子部工場は、南伝馬町総本店、南鍋町風月堂の両店の商品を製造していました。
年末に隣家からの火災により独身者の寮と洋菓子工場の一部が火災にあいましたので、よく記憶しています。そのため洋菓子工場と和菓子工場が一緒になりました。洋菓子工場の職長は門林弥太郎氏、また大阪北浜風月堂の川村氏が次長として働いておられました」

昭和のはじめごろには、風月堂一門が南鍋町風月堂の和菓子工場で一緒に新商品の研究開発をしていた様子がよくわかります。

そしてゴーフル誕生のくだり。
「当時、センベイ屋の杉山さんはカルルス煎餅を焼いていましたが、ときどき見本用に後のゴーフル用のセンベイを焼いては届けておられました。
当時は米津恒次郎氏の配合の指示があり、杉山さんはときどき粉を変えて焼かれておられました。私の入店当時は何十個と焼かれ研究されていたそうですが、米津氏の気に入るセンベイはなかなかできませんでした」

明治のはじめより「カルルス煎餅」を販売していたという記録が上野風月堂に残っています。
カルルス煎餅とは今でも温泉土産でよくみかける軽い炭酸煎餅の原型となった商品です。このカルルス煎餅からさらに洋風のクリームを挟み、「ゴーフル」へと発想が生まれていったのではないでしょうか。

昭和10年代のリーフレット。

戦前の上野風月堂のリーフレット。中央の黒い缶がゴーフル、右側の円柱形の缶がカルルス煎餅です。

「ゴーフル用の粉の見本として日清製粉と日本製粉から全製品の粉を取り寄せ、次々と焼いていきましたが、米津氏の気に入るものはできませんでした。
9~10月初旬、粉の中から色の黒い、内地産の麦を主体にした中力粉『そば・うどん用』の日本製粉の『竹』という銘柄の粉を使用して焼き米津氏にお届けしましたところ、大変に口どけも良く、また歯ざわりも良く米津氏の気に入りやっと合格しました」

「クリームに使用いたしました油脂はMTDで『スノードリフト』というショートニングでした。USAの製品でした。
クリームはバニラとチョコレートの2種類で、缶はチョコレート色の缶を使用し12枚の缶入りは1円20銭で、24枚入りのほうは2円40銭でした。当時の物価は銀座でもそばが9銭、市電片道7銭といった時代でした」

日本製粉の「竹」、アメリカ製のショートニング「スノードリフト」は確かに当時存在していた製品です。さまざまな製法・原材料を用い、ゴーフル誕生に向けて試行錯誤を繰り返していたことがわかる貴重な文面です。

「当時の和菓子は砂糖を多く使用し甘みの強いものが多く、ゴーフルのようなソフトで甘みの少ない商品は最高級なものとして大変にお客さまからご好評をいただきました。
そのころより杉山さんは毎日ゴーフルを焼かれ、杉山さん、私たちがクリームを作り丁寧にサンドするようになりました。昭和4年10月末のことでした」

昭和のはじめ、「新しい甘みのお菓子」ゴーフルが誕生した瞬間です。その裏には風月堂一門をはじめ、多くの関係者のたゆまぬ努力があったことがうかがえる貴重な手記です。